【カフェバンビーノ】ラテアートを学べたのが良かった

【カフェバンビーノ】ラテアートを学べたのが良かった

こんにちは。今日は、私が働いたことがあるカフェでの体験を書きたいと思います。私が働いたカフェというのは、TSUTAYAに併設されてあるカフェバンビーノというカフェです。

 

大手のチェーン店というわけではなく、九州を中心に数店舗展開しています。(それぞれのカフェは、名前が異なっています。)

 

なぜ、私がそのカフェで働くことになったのかというと、もっとコーヒーやサービスの勉強がしたかったからです。以前、大手のチェーン店で働いていたことがあったのですが、そこまで専門的な知識や技術を学ぶことが出来なかったのです。大手のチェーン店というのは、アルバイトが中心となって営業をしています。正直、そんなにコーヒーが好きじゃない人や嫌いという人も働いているのです。

 

そんな時に、カフェバンビーノの話を聞いたのです。

 

店長はもちろんのこと、スタッフは全てコーヒーやサービスのプロフェッショナルだというのです。いてもたってもいられなくなり、すぐに面接を受けにいきました。私のコーヒーに対する情熱が伝わったのか、採用されると分かると本当に嬉しかったです。

 

働きだすと、コーヒー中心の生活が開始されました。コーヒーの歴史から始まり、近年のカフェ事情、市場の行方、エスプレッソマシンの詳しい扱い方、ミルクのスチームをする際のコツ、より美味しいエスプレッソを抽出する為の手順等を教わりました。

 

またサービスも勉強しました。電話応対の仕方、クレーム処理の対応、接客の優先順位、正しい言葉遣い、身だしなみ、立ち振る舞い等です。特に店長は仕事熱心な人で、プライベートでも一緒にカフェ巡りをしたり、競合店の視察をしました。

 

仕事は厳しかったのですが、それ以上に得るものがたくさんありました。
社会人としての勉強もやり直したような感じです。

 

私が特に学びたいと思ったのはラテアートです。ラテアートというのは、カフェラテやカプチーノに絵を描くことです。どのように描くのかというと、ミルクの注ぎ方とエスプレッソを使い分けて描くのです。

 

ラテアートを上達させたい一心で、店に泊まり込みをして練習をしていた時もありました。一晩でカプチーノを100杯ほど作り、牛乳を何十本も使いました。今となってはいい思い出です。

 

練習の甲斐もあって、お客様にラテアートのカプチーノを提供することが出来ました。カップルのお客様で、クマのラテアートを希望されたのです。女性のお客様は、ラテアートを見ると歓声をあげてくれました。また、すぐにケータイを取り出し、写メを撮ってくれたのです。

 

一杯のカプチーノでこのように喜んでくれると、全てが報われるような気持ちになります。
カフェで働いて、本当によかったと思いました。

 

20代男性K.Dさん
バイトしたカフェ:カフェバンビーノ

カフェバンビーノのアルバイトを探すならココ