【スタバ】最初にしっかりと研修を受けられる

【スタバ】最初にしっかりと研修を受けられる

元々、スターバックスコーヒーの雰囲気が好きで働いてみたいなと思いつつ私の住んでる市内は当時4件しか店舗がなく面接で落ちたら来店しにくいなと思い応募をためらっていました。

 

そんな時、家から徒歩10分ほどの店舗で求人広告が出ていたので通勤も楽だしと思い切って問い合わせをしてみました。

 

タイミングが良かったのか翌日面接2日後に市内の新人スタッフの研修に参加するという事でバタバタと働くことが来ました。スターバックスの良さは、最初にしっかりと研修を受けられる事だと思います。研修の内容は多岐にわたります。

 

接客の仕方

※手洗い、ドレスコード、衛生、メニューについて

 

コーヒー豆について

産地
ロースト方法
フードペアリング(コーヒーと食べ物の相性について)

 

コーヒーの淹れ方

コーヒー抽出器具について
豆の挽き方
豆の保存方法

 

他にも、テイスティングの仕方。エスプレッソマシンの使い方。エスプレッソを使ったドリンクの種類や略称、コーリングと呼ばれる独特の注文の通し方。ドリンクのつくり方。バーの衛生について。

 

覚えることはたくさんありますが、この一つ一つが全ておいしいコーヒーにつながっています。
仲間も皆同じ研修を積んできているので相談にのってもらうことは当たり前です。

 

このお店の楽しいところは研修がしっかりとしているけれど一般に言うマニュアルとは違うということです。もちろん、エプロンをつけて店頭に立つために必須のルールはあります。

 

でも、いい意味で自分らしさを保つことができます。

 

私は、働く前スターバックスは好きでした。
でも実はコーヒーは苦手でブラックでは飲めませんでした。

 

新人の時も、ピアコーチと言って店舗内で研修を行っていた時もカフェラテ、カフェオレといった牛乳入りの研修は得意でしたしわかりやすいと言ってもらえていました。逆にコーチ同士でも、ブラックが得意な人にはよく手を貸してもらいました。

 

フラペチーノが得意なコーチもいました。

 

ドリップコーヒーや、エスプレッソ好きのお客さんに学んだ事もたくさんありました。完璧じゃなくても、お互いを尊重し合い補える関係が許されるのがスターバックスという場所です。

 

結婚し退職しましたが、学んだコーヒの知識は今も家族やママ友とのおうちカフェや、スポーツ少年団のお茶出しでは衛生面においても役に立っています。

 

コーヒーの知識だけでなく、心の成長もできたとおもっています。
落ち着いたらまた働きたいと思っています。

 

30代女性S.Jさん
バイトしたカフェ:スターバックス

スタバのアルバイトを探すならココ